Reporting


2017年から、今までの C-Habitat の HP にはなかった「Reporting」のページを作成しました!

このページでは、C-Habitat の日々の活動を随時更新します。


復習ミーティング 2017年1月11日・17日

 

年明け初のミーティングをやったと思ったら

次の週はなんと今期ラストミーティング…

早いですね。

 

新一年生を迎えるにあたって、そしてGVに向けて、

Habitat と C-Habitat の概要と歴史について

再確認しておこう!ということで

11日のミーティングでは、

2年生の優太朗さんとならんふさんが、

17日のミーティングでは、

2年生の奈々里さんと横尾さんと響さんが、

それぞれ分かり易く説明してくださいました。

 

 

17日のミーティングでは、最後に1月生まれの人に恒例のバースデイケーキサプライズ🎂

1月13日生まれのはるな!おめでとう!

 

 


クラウドファンディングに初挑戦! 2017年1月7日

 

皆さま。あけましておめでとうございます。

今年も C-Habitat をよろしくお願い致します。

 

私たち C-Habitat は今年の春、2つのGVチームが海外で建築ボランティアを行います。

ひとつは2月20日~3月5日にタイへ派遣されるチーム(響GV)、

もうひとつは3月4日~3月17日にスリランカへ派遣されるチーム(RatnaGV)です。

(GVチームの活動内容は、Twitter アカウントでご覧いただけます。こちらからどうぞ。)

 

そこで今回、

現地で必要となる建築資材費をクラウドファンディングで募ってみたらどうだろうか。ということで、

C-Habitat として初めてのクラウドファンディングに挑戦することとなりました!

 

クラウドファンディングとは、‘‘ Croud(群衆)’’ と ‘‘ Founding(資金調達)’’を組みわせた造語で、

「こんなモノやサービスを作りたい」「世の中の問題を、こんなふうに解決したい」といった

アイデアやプロジェクトを持つ起案者が、

専用のインターネットサイトを通じて、

世の中に呼びかけ共感した人から広く資金を集める方法です。(引用:A-port

 

C-Habitat はこれまで、大学近くの多摩センター駅付近で、

建築資材費を募ると同時に地域の方々に活動を‘‘知ってもらう’’

‘‘興味関心を持ってもらう’’といった意味も込めて、募金活動を行ってきました。

 

しかし、私たちの活動や住居に困っている人々が海外にはたくさんいる。という事実は、

地域の方々だけではなく、もっとたくさんの方に知ってもらうべきではないだろうか。

そして、

少しでも現地で家を待っている人々のために貢献したい!という方がいれば、是非支援していただきたい。

そんな思いで今回私たちは、

これまでと同様の募金活動と併せて、新しくクラウドファンディングに挑戦することを決めました。

 

タイへ派遣されるチーム、スリランカへ派遣されるチーム、

各々でクラウドファンディングに挑戦していく予定です。

ご報告が遅れてしまいましたが、

スリランカへ派遣されるチームのクラウドファンディングは、既に開始されています!

今月末まで実施しているので、皆さまの暖かいご支援をお待ちしております。

そして何より、今このページを見ていただいてる方に、少しでも興味関心を持っていただけたら幸いです。

 

こちらのページに詳細が記載されていますので、

よろしければ是非ご覧になっていただきたいです。