Activity


GV(Global Village Program)

年に2回、12~24人のチームで現地に赴き

建築活動を行っています。

派遣国は東南アジアや南アジア中心ですが、

ポーランドやルーマニアなど

ヨーロッパ地域でのニーズにも対応しています。

 

活動の内容はそれぞれのGVによって異なり

主に穴掘りやセメント運び、レンガ積みをします。

 

現地の方々と一緒に汗を流して働くことで、その国や

そのコミュニティーの実情を知ることができ、

ただ現地を訪れるだけでは

なかなかできない経験が得られます。

 

■C-Habitat のGV活動一覧

 

それぞれのGVでどのような活動をしたのか、詳しく書いてあります!

写真、動画もありますのでぜひご覧ください。

 

1. バングラディシュGV(2010. spring)

2. インドネシアGV  (2010. summer)

3. インドGV     (2011. spring)

4. マレーシアGV   (2011. summer)

5. ポーランドGV   (2012. spring)

6. インドGV     (2012. summer)

7. ネパールGV    (2013. spring)

8. カンボジアGV   (2014. summer)

9. インドネシアGV         (2015. Spring)

10. フィリピンGV           (2015. summer)

11.インドGV                   (2016. spring)

12.フィリピンGV            (2016. summer)

 

 

■GVの流れ

 ☆準備

 

まず参加者を募ってチームを結成し、

皆で活動する国を決めます。

Habitat for Humanity のGV活動に参加するため

日本や派遣国のハビタットオフィスと

連絡を取りながら準備を進めます。

 

GVでどのような活動をするのか、

また Cultural Activity(CA)で訪問する場所を

現地のオフィスと相談しながら決定します。

さらに建築活動する上での注意点や

現地の安全状況などを確認し、

現地での行動の仕方をチームで共有します。

 

C-Habitat では、現地に赴くまでミーティングを重ね、派遣国の言語や文化、歴史などを勉強します。

そうすることで、派遣国のことをより深く知ることができ、

現地の方々とコミュニケーションが取りやすくなって充実したGVにすることができます。

 

また、多くの人に派遣先の住宅事情に関心をもってもらうことを目的に

ファンドレイジング(募金)を行っています。

集まったお金は建築資材費として使わせていただいております。

 

☆現地での活動

 

いよいよ現地に赴き、活動をします!

現地オフィスのコーディネーターさんが迎えてくれて、

現地にいる間、私たちのサポートをしてくれます。

 

建築活動はなかなか大変な作業ですが、

とてもやりがいがあります。

 

ホームオーナーさんやその家族、

手伝っている近所の方々と一緒に作業をします。

技術的なことは、

現地のスキルドワーカーさんが

優しく指導してくださいます。

 

建築活動だけでなく、

活動の合間に子供たちと触れ合うことができたり、

現地の方々の生の声をインタビューすることもでき

休憩時間でさえも

とても有意義な時間を過ごすことができます。

 

途中で Cultural Activity(CA)をはさみ、

観光地を訪れてその国の理解を深めたり

学校や施設を訪問して現地の人々と交流します。

 

さらに、毎日ミーティングを行い、

意見を共有し合って考えを深めます。

 

経験の違い、学年差などある

様々なメンバーが集まるので、

お互いに刺激し合える

かけがえのない仲間を作ることができることも

GVの魅力のひとつです。

 

☆フィードバック

 

帰国したら終わり、というわけではありません。

今後のために、現地で感じたことや学んだことを

チームで共有します。

そして、GV活動や派遣国の状況に関心を持ってもらう

啓蒙活動の一つとして報告会を開催します。

 

GVのことを知りたい、参加したいと思っている方々や

活動に協力してくださった方、募金してくださった方に向けて

現地でどのような経験したのかを伝えます。

 

 


震災復興支援

 

震災直後からハビタットが行っている東北復興支援活動に

メンバーが定期的に参加していました。

主な活動地域は、岩手県大船渡市や宮城県石巻市です。

 

2016年度は、ハビタットの行う熊本復興支援にも

多くのメンバーが参加しました。

最大震度6~7の被害を受けた熊本県西原村で

一軒一軒のお宅を回り、

住民の方々と直接お話をして

困っていることや必要としていることの

調査をする活動を行いました。

 


街頭募金

 

国内外で震災発生の際に多摩センター駅付近で募金活動を行っています。

 

震災発生直後、すぐに現地のためにできる活動として、

募金活動はとても重要です。

 

震災を忘れないことにも繋がると考えています。

 

皆様からいただいたご支援は、

被災地への寄付させていただいています。

 

昨年発生した熊本地震を支援するため募金活動を行い、

合計57,878円を寄付することができました。

 

 

 

 

 また、私たちの活動の大部分を占めるGVに向けて

出発前からできる活動としても募金活動は重要です。

 

地域の方々に私たちの活動を知っていただくという啓蒙の意味も含み、

行っています。

 

皆様からいただいたご支援は、

現地での建築資材費として大切に使わせていただきます。

 

 

募金へのご理解とあたたかいご支援を

よろしくお願い致します。


他CCとの交流

 

C-Habitat は JCC(Japan Campus Chapter)に参加しています。

JCC とは、ハビタットオフィス公認の学生支部が集まって

交流をする組織のことです。

 

関東 JCC の参加大学は青山学院大学、神田外語大学、多摩大学、

東京外語大学、中央大学、明治学院大学、早稲田大学などです。

現在全国に33の Campus Chapter(CC)があります。

 

年に1回の総会や年に2~3回の合宿を行い、

交流を深めています。

また、合同のチャリティーイベントなども開催しています。

 

 

JCC の運営メンバーとして、

各 CC から数名ずつ集まって活動している「JCC 内部係」

JCC から更に視野を広げ、

大学生に限らず幅広い世代の方にハビタットを知ってもらうため、

同じく各 CC から数名ずつ集まって啓蒙活動を行う「JCC 外部係」

二つの JCC 中核組織が存在します。